ガジェット

【Windows初期化】PCを売る・譲るときにやるべきこと

PCには様々な個人情報が保存されていますよね。
PCを手放すときは初期化し、保存されているデータをしっかり削除しましょう。

今回はWindows10の初期化を紹介します。
Windowsでは難しいコマンドを入力しなくても、画面操作で簡単に初期化できます。




PCを手放すときは初期化しよう

PCには様々な個人情報を入力していますよね。
そのような個人情報が流出しないよう、手放すときはしっかりと初期化(データ消去)しましょう。
初期化は、手放すときだけでなく、PCが上手く動作しないときにも有効です。

今回、実際に初期化したPCはHuaweiの「Matebook D 15」で、OSはWindows10です。
自宅にて保管していましたが、知人に譲ることとなったため初期化しました。

【レビュー】Huawei MateBook D 15はライトユーザに十分な高コスパPC【カメラ位置に注意】

Windowsを初期化するメリット

ここからは、Windowsを初期化するメリットを紹介します。

ココが魅力


  • プライバシーを守れる
  • 渡す相手が使いやすい
  • PCの負荷を減らせる

プライバシーを守れる

Windowsを初期化すると、PCに保存されているデータが見えなくなります。

しかし、データは完全に消えるわけではありません。
通常の操作では見ることも編集することもできませんが、復元ツールで復元できます。

PCを売る・譲る相手がわからない場合は、元のデータを読み取り不可能にするデータ消去ツールを使いましょう。

渡す相手が使いやすい

Windowsを初期化すると工場出荷状態に戻ります。
独自で設定した内容も戻るので、新しく使う人にとっては使いやすいですね。

売る場合や譲る場合は、自分のためだけでなく、相手のためにも忘れずに初期化しましょう。

PCの負荷を減らせる

Windowsを初期化することで、使用しているうちに溜まった不要なデータが消去されます。
PCの空き容量が増えるので、動作が速く、安定するようになります。

また、初期化することでウイルスも削除できるのもポイント。

Windowsを初期化するときの注意点・デメリット

ここからは、Windowsを初期化するときの注意点を紹介します。

ココに注意


  • 初期化の直後はウイルス感染のリスクが高い
  • PCの設定を再度行う必要がある

初期化の直後はウイルス感染のリスクが高い

Windowsの初期化によって、OSやドライバも工場出荷時の状態に戻ります。
セキュリティパッチも消えた状態なので、Windowsやアンチウイルスソフトをアップデートするまではウイルス感染のリスクが高いです。

引き続き使う場合は、すぐにアップデートしましょう。

PCの設定を再度行う必要がある

Windowsを初期化することで、工場出荷状態に戻ります。
OSだけでなく、インストールしたアプリケーションも消えてしまいます。

環境構築をやり直さなくてはならないので、気を付けましょう。

Windows10初期化の流れ

ここからは、Windows 10を初期化する手順を紹介します。
他のWindowsバージョンでも、大まかな流れは同じです。

初期化の事前準備

Windowsを初期化する前の準備として、以下を確認しましょう。

  • バックアップを取る
  • Windowsを最新状態にアップデートする

バックアップを取る

Windowsを初期化すると、保存したデータもすべて消えてしまうので、事前にバックアップを取りましょう。
PCを変える場合は、新しいPCでデータを見れることを確認しておきましょう。

クラウドを使ってバックアップを取ったり、データを移行するのが楽なのでおすすめ。

Windowsを最新状態にアップデートする

Windowsが最新の状態であることを確認する。

最新のWindowsアップデートが行われていないと、初期化に時間がかかったり、上手く初期化できなかったりすることがあります。
事前に、最新のWindowsへ更新しておきましょう。

Windows10では設定から簡単に初期化できる

「設定」の「回復」から初期化できる。

Windows10やWindows11では、「設定」から初期化を行えます。
難しいコマンドを入力する必要もなく、画面操作で簡単に行えるのはうれしいですよね、
※Windows7や8では、コントロールパネルより行えます。

「設定」>「回復」>「このPCを初期状態に戻す」の「開始する」をクリックします。

クリックすると「このPCをリセットする」のウィンドウが表示されるので、画面表示に従って進めましょう。

削除するファイルを選ぶ

売ったり譲ったりする場合は「すべて削除する」でOK。

まず、削除するファイルの種類を選びます。
PCを手放す場合は、「すべて削除する」を選びましょう。
「個人用ファイルを保持する」を選ぶと、ユーザーアカウントやWifiのプロファイルなどは削除されません。

また、ドライブが複数ある場合は、削除対象とするドライブを選択することもあります。

OSの再インストール方法を選ぶ

ネットワーク環境に不安があれば「ローカル再インストール」。

続いて、Windowsの再インストール方法を選びましょう。

「クラウドからダウンロード」を選ぶと、最新バージョンのWindows10をクラウドからダウンロードし、インストールします。
最大で4GB程度のファイルをダウンロードすることになるため、ダウンロードに数時間かかることもあります。

回線速度が遅い場合は、「ローカル再インストール」で初期化後、Windows アップデートで最新のバージョンへアップデートしましょう。
ダウンロード量が少なくなり、作業時間を短縮できます。

「ローカル再インストール」では、PCにインストールされているバージョンのWindowsをインストールをします。

ドライブのクリーンアップを設定する

「設定の変更」をクリックしよう。

その後、追加設定をします。
ドライブのクリーニングの有無と、Windowsダウンロードの有無を選べます。

ドライブのデータをクリーニングをすると、削除したファイルを復元困難な状態にすることができます。
PCを売ったり、人に譲ったりす場合はクリーニングしましょう。

Windowsの初期化が始まる

最終確認画面。

「この PC をリセットする準備ができました」と表示されるので内容を確認しましょう。
「リセット」をクリックすると、初期化が開始されます。

キャンセルできるのは、この画面まで。

準備が整うと、PCが自動で再起動され、初期化されます。

TPMクリアの要求が表示されることも

Windowsの初期化中に、TPMクリアの要求が表示されることがあります。
以下のようなメッセージです。

A configuration change was requested to Clear this computer’S TPM (Trusted Platform Module)
WARNING: Clearing erases information stored on the TPM. You will lose all created keys and access to data encrypted by these keys.

英文ですが、「PCに搭載されているTPMも初期化してよいですか?」という内容。
TPMはPCの基板上の搭載されている、セキュリティにかかわるコンポーネントです。
Bitlockerや暗号化ソフトを使っていない場合、TPMをクリアしてしまって問題ありません。

Windowsの再セットアップ

インストールが終わるのを待つ。

インストール後、Windows10の初回セットアップ画面が表示されます。
売る場合や譲る場合など、初期化した状態を保ちたいときは、セットアップせずにシャットダウンしましょう。

初回セットアップ画面でもコマンド入力でシャットダウンできる。

以下の手順でシャットダウンできます。

  1. セットアップ画面が表示されたら「Shift」+「F10」もしくは「Fn」+「Shift」+「F10」を押す。
  2. コマンドプロンプトが表示されるので「shutdown /s /t 0」を入力し、エンターキーを押す。

不用品の売却はメルカリがおすすめ

使わなくなったPCを売るには、メルカリがおすすめ。
メルカリは出品者にとっては高く売れ、購入者にとっては安く買えるのが特徴です。

高く売るためには、激安商品ではなく、有名なメーカーの商品であることもポイント。

【お得情報】メルカリのおすすめの売り方

おわりに

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回はWindows10の初期化を紹介しました。
Windowsでは難しいコマンドを入力しなくても、画面操作で簡単に初期化できます。
PCを手放すときは初期化し、保存されているデータをしっかり削除しましょう。

※記事内容は公開当時の情報に基づくものです。



-ガジェット

© 2023 ひびブログ Powered by AFFINGER5